24時間対応! ペット火葬オンライン予約はこちら

スタッフブログ

ペットちゃんの熱中症

いよいよ今年も暑い夏がやって来ますね(^_^;)
真夏の猛暑は、人間だけでなくペットちゃんにとっても同じように過酷な状況です。ペットちゃんも熱中症のリスクに晒されています。具体的にどんなことに気を配るべきなのか、今回は見落としがちなペットちゃんの熱中症について考えてみましょう。
犬や猫は人間のように全身で汗をかくことができません。熱が体にこもりやすく、体温調節が苦手なぶん、人間以上に熱中症のリスクが大きいとも言われています。ちょっと暑いかなと感じる程度でもかなりの負担となります。これくらいなら大丈夫だろう、
と人間の感覚基準で判断するのは危険です。

熱中症を起こしやすい犬種と条件
パグ、フレンチブル、ブルドッグ、シーズーなどの口吻(マズル)が短いペットちゃん、
これらは頭部の人為的な改良によって熱の発散効率が下がり、体が冷え難くなっています。
また起こしやすい条件として犬種を問わず、仔犬や老犬、療養中のワンちゃん、肥満しているなど、これらは種別を問わずペットちゃん全般的にいえるようです。逆に熱中症になりにくいペットちゃんは、セントバーナードやシベリアンハスキーなどのような北方出身で被毛が厚い犬種は暑さに強いようです。

ご家庭での熱中症を防ぐには 
室内犬、室外犬ともに、風通しがよく熱がこもらないスペースを確保し、室外犬の犬舎は移動が可能であれば日陰の涼しい場所へ置きましょう!移動できない場合は、よしずなどを使って日陰を作り、いつも新鮮な水が飲めるよう配慮してあげてください。
水遊びが好きな子には、簡易プールやタライなどに水を入れておくと、遊んでくれますね!
夏場はまれに、落雷で停電がおこる恐れがあり、クーラーや扇風機が止まってしまう可能性があります。日常的に長時間家を空ける場合は、不測の事態に対応できるような手立ても考える必要が大事ですね。
 近年では猛暑日と呼ばれる非常に厳しい暑さが何日も続き、健康被害がでないようニュースや天気予報で高温注意報が呼びかけられるようなりました。
自分だけは大丈夫、まさか自分が…という油断は禁物です。
ペットちゃんたちは、人間よりも数段暑さに弱いことを念頭に、暑い夏を乗り切っていきましょう<(_ _)>。