24時間対応! ペット火葬オンライン予約はこちら

スタッフブログ

大田原 齋藤家様

今回亡くなられたワンちゃんは柴犬の「華子ちゃん」。推定15歳でした・・・。
齋藤様と華子ちゃんの出会いは、、首輪をしたまま齋藤様のお宅に来たそうです。
首輪もしていてのでどこからか迷ってきたのかと思い保護されたそうです。
齋藤様のお宅でもすでにワンちゃんを飼われていて、華子ちゃんも首輪をしていたので元の飼い主さんの所へ帰ってもらおうと、申し訳ないと思いつつも車に乗せ数十キロ先の隣町に降ろしたりしたそうです。
だけど、2、3日後肉球を腫らして元の飼い主ではなく、なぜ齋藤様のお宅に帰ってきたそうです。
そんな一生懸命な姿をみて齋藤様は「華子ちゃん」と名前を付け齋藤家の一員になったそうです。

あれから9年・・・
亡くなる半年前位から歩くことも出来なくなり、寝たきりになっていたそうです。
齋藤様も家族の一員である華子ちゃんに生きていてほしいと、流動食を食べさせたり、床ずれがひどくならないように向きを変えたり・・・
ご家族皆さんも協力され一生懸命看病されたそうです。
そのお陰もあったのでしょう、華子ちゃんのお顔はとても安らかで、本当に眠っているかの様でした。
華子ちゃんは齋藤様とご家族の愛情をたくさん受け、大好きなおやつ、花に囲まれて最後の時を迎えました。

齋藤様の愛情あふれるご葬儀のお手伝いをさせて頂けた事、お辛い中ブログに載せる事を許可して頂いた事、誠に感謝いたします。
しおんスタッフ一同、齋藤様にお悔みを申し上げると共に、華子ちゃんのご冥福をお祈りいたします。