24時間対応! ペット火葬オンライン予約はこちら

スタッフブログ

梅雨明けと共に・・・

先日、梅雨明けが発表されたと共に、気温が一気にあがり暑い日が続いております・・・(^_^;)
今年は酷暑とも言われており、皆様体調の方は大丈夫でしょうか?
これからどんどん暑い日が続き、夏に向かってまっしぐら・・・
人間だって、嫌になるような暑さ。もちろん、犬、猫、その他のペットちゃん達もこの暑さを感じており、「夏バテ」「熱中症」等…気を付けてあげたいですね(汗)
ワンちゃん、猫ちゃんは平熱が人間より高い上に、手足のパッド(肉球)以外には「汗腺」が無く、気温がどんなに上がっても、人間のように汗をかいて体温を下げることが出来ません。
なので、熱が体にこもりやすく体温調節が苦手なぶん、人間以上に熱中症のリスクが大きいとも言えます。
!!要注意!!
これは、「熱中症」ではないか?という症状は次のようなモノです。
・41度以上の高熱
・食欲不振
・呼吸が浅くて、早い
・舌を出してハアハアいっている
・ぐったりしている、よだれを多く垂らしたり、泡を吹いたりしている
・嘔吐、ふらつき、呼びかけに反応しない
・ひきつけ、痙攣、意識がない

こうなってしまった時の応急処置
・涼しい場所に移動させ、水分補給をおこないます(※冷たすぎるのはよくありません)
・冷水で濡らしたタオル等をかけるなどし、体温をさげます(※体温の下げ過ぎに注意!)
・意識が朦朧としている場合は体温を下げる処置を行いながら動物病院に連絡をとり、すぐに獣医師に診てもらいましょう
・症状が落ち着いても必ず動物病院で診察を受けるようにしましょう。
「動物病院」に行く場合は、冷たく濡らしたタオルを、ペットのわきや首筋、体全体を包むなどの処置を施して下さい。

予防法
日中の散歩は控え、早朝や夜の散歩に切り替えましょう。
・室内で飼っている場合は風通しに気をつけるほか、留守中はカーテンを閉める、エアコンをつけるなどして、室温が上昇しないように心がけましょう。
車内にペットを放置することは止めましょう。
・外で飼っている場合は日よけを設置する、日陰に行けるようリードを長くするなど直射日光を避ける工夫をしましょう。
水の入った桶等を用意しておくとペットが自力で体温調整しやすくなります。
・充分に水分補給ができるよう、飲み水の量に注意し、比較的涼しい場所に飲み水を置く、1箇所だけでなく何か所かに飲み水を置く等、水の置場にも注意しましょう。

熱中症は湿度と気温がどちらかでも高いとなりやすい病気で命の危険に伴う病気です。動物たちは言葉で訴えることができ無い為、飼い主様がペットちゃんの様子をよく観察し、
熱中症が起こらないように注意してあげることが必要です。
万が一、熱中症の症状が見られたらすぐに応急処置を行い、かかりつけの動物病院で診察を受けてください。
熱中症にさせないために暑さ対策に注意を払い、ペットちゃんたちにも快適な夏を過ごさせてあげたいですね。