24時間対応! ペット火葬オンライン予約はこちら

スタッフブログ

梅雨明け!!

先日、関東にも「梅雨明け」宣言が出され、これから連日30℃を超え夏真っ盛りになります!
そこで1番気をつけたいのが「熱中症」です。
熱中症は外だけではなく、家の中でも風通しが悪い場所では熱が体内にこもり熱中症になる場合があるので要注意です。
人間は頭が高い位置に有りますが、ペットちゃんは地面の近い位置に有り、地面の反射熱の影響をダイレクトに受け、特に短頭種は短時間でも体温調節がうまくいかず熱中症になる事があります。
散歩時、熱いアスファルトの上での肉球ヤケドや、脱水症状、もちろん熱中症など、色々と気をつけなければなりません。
もしも、熱中症かな?と感じた場合には・・・

  1. 屋外にいる場合には屋内に、または日陰に移動して、深部体温が徐々に下がっていくよう全身に水をかけます。
  2. 冷たいタオル、または氷嚢を犬の頭、首、胸に当てます。
  3. 少量の水を飲ませるか、氷のかけらを舐めさせます。

以上の応急処置をして、出来る限り早く獣医さんへ連れて行くようにしましょう。
また、ワンちゃん、猫ちゃん達の体温調節は、口と肉球と言われています。
夏の日差しの照り返しで、アスファルトが40℃~60℃まで上がってしまう場合もあり大変危険です。
お散歩も昼間ではなく、朝、晩など地面が熱されていない時間に行くなど、昼間に行く場合はアスファルトを避け、日陰が多い公園などに行くなど注意をしましょう!!
ペットちゃんの微妙な体調変化に気づき、マメな水分補給と体温調節に気を配り、夏もペットちゃんと楽しく過ごせるように飼い主さんが気をつけてあげましょう♪