24時間対応! ペット火葬オンライン予約はこちら

よくある質問

ペットが亡くなった時、自宅でなく病院にお迎えに来ていただく事もできますか?

はい。事前にお電話でご予約いただきお迎え先・時間をお伝え下さい。(距離に応じて料金が変わります)

ペットが亡くなりました。遺体はどのような保冷処置をしたらいいのですか?

直射日光は避け、涼しい部屋にバスタオルやタオルを敷いて手足を寄せて背中が少し丸くなるように寝かせてあげて下さい(中型犬・大型犬の場合は、死後硬直が始まる前に優しく手足を折りたたんであげて下さい)
その際、首筋と腹部に充分な保冷剤もしくは袋に入れた氷(溶けた氷水が出ないようして下さい)を当て、溶けたらこまめに交換するようにして下さい。(この方法で丸一日は大丈夫です)
長時間安置する場合はドライアイスをお使い下さい(お電話頂ければご用意致します)
※保冷剤・氷・ドライアイスは外気に触れると溶ける(効果が無くなる)時間が早まります。また、ご遺体も外気に触れると腐敗が早く進みますので、タオルやバスタオルなど、できるだけ外気にふれないようにお体の上に掛けてあげて下さい。
保冷処置はペットちゃんのお体の状態を維持する為の大切な処置です。もしもの時にも落ち着いて施してあげて下さい。
保冷処置が終わりましたら、ご家族でお別れの時間をゆっくりお過ごし下さい。

葬儀(お別れセレモニー)にどんな意味があるのですか?

葬儀はペットの為だけではなく、残されたものの為にも行われるという意味合いも強くあります。残された家族が、死をいかに心の中で受け止め、位置づけ、そして気持ちの整理をするか、これを行うための助けとなるのが葬儀(お別れセレモニー)です。

お別れセレモニー・火葬・収骨・埋葬をすべて同じ場所で行っていますか?

はい。『メモリアルしおん』では、葬儀一式を執り行っておりますので、ご家族様に他の場所(火葬場など)へ移動をお願いする事はございません。

火葬だけを頼みたいのですが依頼出来ますか?

はい。火葬プランを2種類ご用意致しております。

1、最後までしっかりとお見送りしご家族の手でお骨を拾ってあげる「個別火葬」
2、お骨を見るのは忍びないという方の為に、当社スタッフに火葬から収骨までを一任して頂く「お任せ個別火葬」どちらも、ペットちゃんだけを荼毘に付し、ご遺骨は、ご家族様にお戻し致します。

火葬のときに一緒に入れてあげられるものは何ですか?

生前大好きだった食べ物(少量)とお手紙などをお持ち下さい。最後にきれいに飾ってお見送ります事が出来ます。それ以外の物は、ご相談下さい。(お花は事前申込みになりますが当社でもご用意出来ます)

紙(ダンボール)の棺や愛用のベットとともに火葬してもらえますか?

申し訳ありませんが火葬出来ません

・紙(ダンボール)は、強度を保つ為に強化剤として不燃物を混ぜて作られているので、大量の灰が出てしまいます。大量の灰が覆いかぶさってしまいますので、綺麗にお骨を拾う事が出来ません。
・愛用のベット等もお骨に悪い影響を与えてしまったり、環境問題の観点からもお引き受けする事が出来ません。
✳『メモリアルしおん』では、ペットちゃんのお骨や環境の事を考え総桐のお棺をご用意しております。
桐の特徴
・草科の植物です。410℃では発火しませんが、420℃を超えると火力が他の燃焼物に比べ数倍になり完全燃焼致します。
・紙製棺、布張り館、樹脂系棺にみられるような炭化灰も残らず綺麗にお骨を拾う事ができ環境にも優しいです。
・桐は、消臭効果があり納棺、火葬時の臭気を中和します。

火葬は何時までできますか?

受付、ご火葬ともに24時間対応させていただいております。
深夜の火葬に関しましては、お電話にてご予約お願いいたします。